読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのままの。

日頃感じたことを、ありのままに綴っていきますよ!

ひき割り納豆と納豆の違いについての考察

日記

Moominです。こんばんは。

 

前回、納豆の混ぜ回数とタレ投入タイミングについて書きましたが、

 

今回は、ひき割り納豆と納豆の違いについて書きたいと思います。

 

ひき割り納豆というと、よく納豆巻きで使われる、あの大豆を細かくしたタイプのアレですよね。

細かくしただけで、あとは普通の納豆となんら変わりないのでは?

・・・と僕は思っていましたが、実は栄養素に違いがあるそうですよ。

 

ひき割り納豆は、大豆から皮をとって、それを細かく砕いて作った物で、細かい分、普通の納豆に比べて体に吸収されやすいです。

ただ、普通の納豆に比べて、動脈硬化に有効とされる「ポリアミン」が少ないです。

一方で、「ビタミンK2」は普通の納豆よりも多く含まれます。

「ビタミンK2」は骨を強くする効果がありますので、骨を強くしたい方にはひき割り納豆がおすすめです。

 

普通の納豆とひき割り納豆、うまく使い分けられると良いですね。