読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありのままの。

日頃感じたことを、ありのままに綴っていきますよ!

ビール6杯飲んで「運転できると思った」は普通ありえないでしょ!

Moominです。こんばんは。

 

また酒気帯び運転発覚のニュースがありました。

 

1/14日に奈良市生活環境課の男性主任が、酒気帯び状態で車を運転して追突事故を起こしたとして生駒署に現行犯逮捕されていたようです。

 

なんでも、この男性は飲食店でビールを6杯飲んでいたのですが、「自分の酔い加減からすると、運転できると思った」から運転したとのことです・・・。

 

アルコールの摂取量の多い少ないに関わらず、お酒を飲んだら運転は絶対にダメなのですが、ビール6杯は如何にもやりすぎですね。

 

このような酒気帯び運転があまりにも無くならないとなると、もうドライバーへの注意喚起だけではだめだと思いますので、車メーカーが、酒気帯び運転をさせない仕組み(例えば、ドライバーのアルコール量を検出して、基準値を超えているとエンジンがかからないようにする等)を構築する必要があるのかなぁ。と感じました。

 

参考

ビール6杯飲んでも…「運転できると思った」奈良市職員を懲戒免職 - 産経WEST